アイランドLOG

〜《3ステップ》でサラリーマンに余裕を〜

【定点観測:2018年10月】日本・アメリカ イールド・カーブ状況

f:id:kei0440:20181111145922j:plain

イールドカーブは年数別の金利変化を表にしたもので、相場の状況を判断する上で参考になる指標です。今後、定期的に今の状況を記事にしていきます。

今回は【2018年10月】の日本・アメリカイールド・カーブです。

続きを読む

新感覚ゲーム!GeoGuessrで居場所を推理せよ!

f:id:kei0440:20181110214946p:plain

出典:GeoGuessr - Let's explore the world!

みなさんお久しぶりです。

最近、ブログの更新を仕事の忙しさにかまけて出来てなかったです。すいません。。

久しぶりに投稿する今日の記事は、最近ハマったゲーム!

その名も【GeoGuessr】です。

HPはこちら↓↓↓↓

GeoGuessr - Let's explore the world!

 

1. 世界中のどこかに飛ばされ、どこかを当てるゲーム

ゲームは単純。世界中のどこかに飛ばされ、そこがどこかを当てるゲームです。

Google Mapが利用されており、その場所の風景が見れ、周囲へ移動することも可能です。とりあえずこんな感じです。

f:id:kei0440:20181110215206p:plain

出典:GeoGuessr - Let's explore the world!

場所がわかったら、世界地図上でここだ!と思う場所にピンを立てます。

f:id:kei0440:20181110215404p:plain

出典:GeoGuessr - Let's explore the world!

正解の場所から近いほどポイントが高く、全5問となっています。

f:id:kei0440:20181110215423p:plain

出典:GeoGuessr - Let's explore the world!

f:id:kei0440:20181110215456p:plain

出典:GeoGuessr - Let's explore the world!

海外のゲームなので、HPが英語なのと、最初にメールアドレスを登録しないといけないのが手間ですけどね。

世界中の他にも、有名スポットや日本のみもあるので、いろんな楽しみ方があります。

f:id:kei0440:20181110215558p:plain

出典:GeoGuessr - Let's explore the world!

ちなみに、日本でやったらこんな結果でした。

結構離れているときもある。。笑

f:id:kei0440:20181110215645p:plain

出典:GeoGuessr - Let's explore the world!

2. 周囲の状況からどう情報を集めるかがポイント!

ゲームが始まると、周囲風景から情報を集める必要があります。

例えば、

・単純に風景(草原、荒野、山、密林など)

f:id:kei0440:20181110220556p:plain

・太陽の位置

→画面上にコンパスは表示されており、方位はわかります。そこから、太陽の位置を踏まえ、北半球、南半球などを推定します。

・看板の文字(何語ぽいかでなんとかく推測)

f:id:kei0440:20181110220515p:plain

・車の走る車線(日本みたいに左側通行の国もあれは、アメリカのような右側通行の国もあります。)

f:id:kei0440:20181110220534p:plain

などなど。

結構頭も使いつつ、昔の地理の知識を思い出しながら、進めます。

ただ、小難しいわけではなく、ぱっと見の印象でも結構当たるので、一度試してみると楽しいと思いますよ!

ちなみに、私は初めてこのゲームをやったとには深夜までぶっ通しでハマってました。

3. まとめ

〜GeoGuessrで、世界を巡ろう!〜

気になった人はためにしチャレンジしてみてください。

もちろん無料ですよ!笑

GeoGuessrのHPはこちら↓↓↓

GeoGuessr - Let's explore the world!

 

 

可能性は未知数!超巨大国家インドに投資しよう

f:id:kei0440:20180309220419j:plain

みなさんはインドが今後注目の国ということをご存知ですか。

今回は、そんなインドへの投資について考えてみましょう。

 

1. インドの可能性は人口から読み解ける 

1.1 インドの人口は世界1位になる!

これは2016年の世界の人口ランキングです。

f:id:kei0440:20180309221945p:plain

出典:世界の人口ランキング - 世界経済のネタ帳

 1位の中国、2位のインドが3位のアメリカより約4倍と圧倒的に人口が多いのがわかります。

そして、近々2位のインドが1位の中国を抜いて1位になります。

下のグラフを見てください。

 

中国の人口推移

f:id:kei0440:20180309221659p:plain

出典:世界の人口ピラミッド

インドの人口推移

f:id:kei0440:20180309222509p:plain

出典:世界の人口ピラミッド

 中国は2025年ごろがピークで、その後人口が減少していきます。一方インドは2070年まで人口は増加し続け、2025年には中国を追い抜き世界1位になる予測です。

つまり、世界で最も人口の多い新興国となり、成長したときのインパクトがものすごいです。

1.2 人口ボーナス期が来ている

インドは人口構成についても理想的な状況になっています。

以前の記事で触れたことがありますが、人口ボーナス期に入っています。

人口ボーナス期とは、総人口に占める生 産年齢(15 歳以上 65 歳未満)人口比率の上昇が続く、 もしくは絶対的に多い時期、若年人口(15 歳未満) と老齢人口(65 歳以上)の総数いわゆる従属人口比 率の低下が続く、もしくは絶対的に少ない時期

出典:人口ボーナス期で見る有望市場は-JETRO

つまり、働く人の割合が増え続けている状態のことです。

2040年ごろまで人口ボーナス期は続くと予想されています。今から約20年もあります。

参考に2018年〜2040年までの人口ピラミッドを貼っておきます。

f:id:kei0440:20180309230056p:plainf:id:kei0440:20180309230206p:plain

f:id:kei0440:20180309230158p:plainf:id:kei0440:20180309230146p:plain

 

1.3 実際GDPも高成長を続けている

人口が世界1の国が、これから人口ボーナス期で経済成長をすると考えたら、ものすごい影響を及ぼすことが簡単に想像つきますよね。 

この表は世界の名目GDPランキングですが、インドはすでに世界6位まで来ています。

想像より高い位置にいますよね。アジアでみたら、中国、日本についで3番です。

f:id:kei0440:20181002061407p:plain

2. インドへの投資はETFを活用しよう

今のところインドの個別株を外国人が買うことはできません。

そのため、ADRと呼ばれるアメリカで上場しているインド企業の株を買うか、インドの株式相場の代表指標に連動するETFなどで投資することができます。

代表的なETFには、インドの収益性の高い企業を投資対象とする

【EPI ウィズダムツリーインド株収益ファンド】

があります。

アメリカの株式市場に上場しており、ドル建てでの取引になります。

国内の証券会社から買うことができ、私がメインで使っているSBI証券でもネットから簡単に買うことができます。 

3. まとめ

〜未来の超巨大市場インドに今から種を植えておこう〜

以前の記事でも書きましたが、長いものに巻かれる精神が投資では大切です。

巨大国家インドの成長の波に乗ってみてはいかがでしょうか。 

 

 

【鉄則】株を買う前に売る基準を決めろ!感情には勝てない〜プロスペクト理論〜

f:id:kei0440:20180924132923j:plain

今回は、株式投資をする上で、株を買う前に必ずすべき鉄則について説明します。

人間は感情の生き物なので、逆らえないのです。

続きを読む

お昼寝サラリーマンに朗報!アイシン精機のお昼寝ピローでスッキリしよう

f:id:kei0440:20180918063023p:plain

おすすめ商品の紹介です。

物の値段より価値が高かったもの(価値>値段)と実感しているものを紹介します。 

今回は、毎日のお昼寝に大活躍、あの自動車部品メーカーアイシン精機が作る”FINE REV(ファイン レボ)お昼寝ピロー”です。

アイシン精機のFINE REVO お昼寝ピロー ブルーグリーン ストレスリリーサー付

続きを読む

仕事スタイルを激変させよう!「先手の残業」で逆転の発想を

f:id:kei0440:20180911062928j:plain

今回は働き方についての記事です。

働き方改革が謳われるなか、業務効率改善が言われていますが、残業が多い方もたくさんいますよね?

そんな減らさないと行けないけど、減らせない残業についての逆転の発想の記事です。

続きを読む

気になったからやってみた!Wealth Naviで資産を守ろう

f:id:kei0440:20170906210341p:plain

結構前から注目されていましたが、AIによる自動分散投資をしてくれるWEALTH NAVIを今更ながら始めました。今後その進捗をここでご紹介していきます。

基本的には、増やす目的ではなく、資産を守ることが目的です。

続きを読む

地下鉄の風はこう避けろ!連続の式で分かる風の強弱

f:id:kei0440:20180908184112j:plain

みなさんは、地下鉄の駅で急に強い風に吹かれ、髪がボサボサになったことありませんか?今回は、そんな地下鉄の風を避けるために、風の原因と避け方について記事にしました。

続きを読む