アイランドLOG

〜《3ステップ》でサラリーマンをもっと自由に〜

今年こそ保険を見直せ!〜No.1独身なら生命保険に入るな〜

f:id:kei0440:20180729095758j:plain

なぜかみんなが加入している保険。

毎月の保険料も高いし、見直したいと思うけど、よくわからないからそのままにしている人多いのではないでしょうか。

そんな保険について、これから『今年こそ保険を見直せ』シリーズとして、記事を書こうと思います。

 

1. 独身なら葬式代だけあればいい

 みなさんは毎月どれぐらい生命保険料を払っていますか?

毎月数千円〜数万円支払っているのではないでしょうか。

実は、あなたが"独身"なら生命保険は不要です。

 なぜなら、独身の場合、死んだあと生活が困る家族がいないので、葬式代だけあればいいからです。

そもそも、『生命保険』自分が死んだあと困る人がいる場合に、自分の残せる資産の不足分を補うものです。

葬式代は以前の記事での紹介しましたが50万〜200万必要です。

つまり、50万の貯金があるなら生命保険は不要なのです。これぐらいの貯金ならあるのではないでしょうか。

もし、家族はいなくても、親や兄弟にお金を残したいと思うなら、

死ぬ前に、無駄に支払っていた保険料を使って親孝行・兄弟孝行に使う方がよっぽど有益ではないでしょうか。 

2. 保険料は資産運用へ

独身に生命保険は不要と思ったら、即解約しましょう。そして、浮いた保険料は貯金・資産運用へ回しましょう。

もともと捨てていたお金と考えたらリスクが伴う資産運用へも挑戦しやすいですよね。せっかく浮いたお金なので、将来につながるものに費やしましょう。

これから資産運用を始めようと思うかたはこちらの記事一覧を見てみてください。

3. まとめ

独身は今すぐ生命保険を解約し、保険料を貯金や資産運用へ回しましょう

今すぐ解約することが大切です。面倒くさがって放置すると、そのまま何年も加入しつづけることになるでしょう。

これらは独身の場合の話です。家族・子供がいる場合は、お金を残す必要があります。それも子供が小さいほどたくさん入ります。結婚、子供がいる場合については、今度記事にします。