アイランドLOG

〜《3ステップ》でサラリーマンに余裕を〜

世界に目を向けろ!『円』だけで資産を持つことのリスクについて

f:id:kei0440:20180303010034j:plain

みなさんは、自分の資産の内どれだけを円で保有していますか。

ほとんどの人が当たり前のように円で持っているのではないでしょうか。

この常識に流されると将来のリスクが高くなるかもしれません。

大事なことは、より信頼のできるところにお金を置くことです。

 

1. 円は世界通貨量の5%しかない

f:id:kei0440:20180307230729j:plain

出典:IMFの2017年Q3公表値より作成

これは、世界の外貨準備における通貨割合です。

外貨準備とは

外貨準備とは、通貨当局が為替介入に使用する資金であるほか、通貨危機等により、他国に対して外貨建て債務の返済が困難になった場合等に使用する準備資産です。

出典:外貨準備とは何ですか? : 日本銀行 Bank of Japan

つまり、国がもしものときの備えて持っている通貨です。各国がいろんな通貨を保有しており、それらの割合が上の円グラフです。

日本は5%で世界3位ですが、アメリカの63%と比べて12倍も違います。

圧倒的に多くの国がドルで備えていることがわかります。 

2. 通貨の価値は結構変化する

みなさんはジンパプエドルをご存知ですか。

2008年に5000億%のハイパーインフレに見舞われ、お金の価値がどんどん下がった通貨です。

最終的には、17.5京で5米ドル(約620円)とほとんど紙切れになってしまいました。

このハイパーインフレはなぜ発生したかというと、ムガベ政権による稚拙な経済政策です。ありえない経済政策により、多くの企業が海外へ出たり、倒産し、その結果、モノの不足により急激なインフレが発生したのです。その結果、ジンバブエドルは価値がなくなったのです。

このように価値がゼロになる通貨もあります。

 

みなさんが一番安心して使っている日本円についても価値はかなり変化しています。

過去の記事に書きましたが、ドル円相場は日々変化していますし、物価も昔と比べるとかなり変動しています。

つまり、日本に住んでいるとあまり感じにくいですが、長い目でみると円の価値も変化しており、知らないうちに貯金の価値が年々減っているなんてことも起こるのです。

3. 円以外の通貨も保有しよう

みなさんの多くは、日本円のみで資産を持っているのではないでしょうか。

この状態は簡単に言うと、日本という会社の株に全財産を投資している感じです。

日本の業績が悪くなる(経済成長が低下するなど)と、日本の株価は下がりますよね。つまり、円安になります。これは、世界から見て、円の価値が下がっているということです。これから人口の減少する日本に全て投資するのはリスクありそうですよね。 

 

それなら、日本よりも信用のある通貨も持つことでリスクを分散させることができます。

日本より通貨量が多く、世界で最も使えるドルを持つのが一番リスクヘッジになるのではないでしょうか。 

保有の仕方はなんでもいいとです。

・銀行などで両替してドルを現金でもつ

・外貨預金に預ける

・海外銀行に口座を作りドルで預ける

・ドル建ての運用商品に投資する

・外国株を買う

 などいろんな方法があります。

 日本円のみで保有することの危うさを少しでも感じたらな、調べてみてはいかがでしょうか。 

4. まとめ

日本円以外にも、ドルなどのより信頼できるところにお金を置こう!

日本という国の範囲に縛られず、世界に目を向けることで下げれるリスクがあります。

これを気に世界へ投資しよう! 

 

 

【ドル建ての海外投資記事はこちら】