アイランドLOG

〜《3ステップ》でサラリーマンに余裕を〜

フィリピン小売最大手「SMグループ」の町!アジアで3番目に大きいSMモール・オブ・アジア

f:id:kei0440:20190110073210j:plain

出典:SM Mall of Asia | SM Supermalls

今回は、フィリピンの首都マニラにあるSMモール・オブ・アジアのある地域について記事にしました。

仕事でフィリピンに来る機会があり、その規模の大きさがかなり印象的でした。

 

1. SMモール・オブ・アジアとは??

フィリピンの首都マニラの埋立地にあります。地図で見てみましょう。

f:id:kei0440:20190110074316p:plain

f:id:kei0440:20190110074333p:plain

f:id:kei0440:20190110074350p:plain

フィリピンの首都マニラの近くの埋立地にあり、その一角すべてをSMモール・オブ・アジアが締めています。現地では頭文字をとってMOA(モア)と呼ばれています。

HPには

SM Supermalls is the biggest developer of world-class shopping centers with over 60 malls in the Philippines and seven in China. With an average foot traffic of 3.5 million daily and over 5,000 tenant partners, SM Supermalls provides family fun experiences that make each day better for all. 

SM Supermalls is owned by SM Prime Holdings, Inc. SM Prime is a publicly-listed company and is one of the largest integrated property developers in Southeast Asia.

出典:Home | SM Supermalls

と書いてあり、一日350万人の来場者がおり、5000以上の店が入っている世界クラスの大型ショッピングセンターと書いてあります。

実物もそのとおり、日本では見ないほど広く、生活するためのすべてがここで揃います。

また、SM Prime Holdings(SMプライムホールディングス)という、SMグループがオーナーとなっています。

2. SMグループの支配する町

SMモール・オブ・アジアはSMグループがオーナーと言いましたが、実はその周りのオフィスビルやコンドミニアム(マンション)もすべてSMグループによるものです。

f:id:kei0440:20190110231410j:plain

こんな感じでMOAを中心に、オフィスビル、コンドミニアム、ホテルなどが囲んでおり、生活に必要なすべてがここに集まっているのがわかると思います。

しかも、まだ開発途中で、オフィスビルはもともと3棟(ONE E-COM~THREE E-COM)の三棟でしたが、新たに2棟建設中でFIVE E-COMまで出来るそうです。しかも既に1棟は、あのAmazonがまるごと貸し切るとの噂も聞いています。

【新しく建設している THREE-COM】

f:id:kei0440:20190110232445j:plain

【もともとTHREE E-COMだったけど並び順的にFIVE E-COMになったビル】

f:id:kei0440:20190110232539j:plain

【現在建設中の FIVE E-COM】

f:id:kei0440:20190110232719j:plain

3. まとめ

SMモール・オブ・アジアとSMグループの凄さが何となくわかっていただけましたでしょうか。

経済成長をしているアジアの国に多い、イケイケドンドン的な雰囲気がありますね!

フィリピンへ行った際は、是非遊びに行ってみてください。