アイランドLOG

〜《3ステップ》でサラリーマンに余裕を〜

健康的で引き締まった身体に!基礎代謝が成功の鍵

f:id:kei0440:20190508210012j:plain

この記事は、健康的で引き締まった体を取り戻すために基礎代謝に着目した方法をご紹介する記事です。

サラリーマンになり、お腹がたるんできた人必見です。

おすすめする行動

◎毎日体重・基礎代謝を測り、記録する

◎筋トレを習慣にする

〜メリット〜

①記録する事で変化がわかる

②増えたらすぐに気づける

③体が健康になる

〜デメリット〜

①なし

ここまで読んで詳細が気になる方は、是非本文も読んでみてください。

 

1.記録することから始まる!自動的にアプリで記録しよう

まずは、現状を把握することが大切です。

体重計で測定し、自分でアプリ等に記録してもいいですが、毎日だと手間ですよね。

そこで、Bluetoothで自動でアプリに送り、グラフまで作成してくれる体重計がおすすめです。

有名なのは、「オムロン」「タニタ」です。

以下の体重計は体重・体脂肪率のみでなく、基礎代謝などさまざまな身体データを自宅で測定することができます。

それぞれ1万円程度するので、なかなかいい値段します。ただ、身体データが正確に測定でき、アプリに自動で記録してくれるなどかなり便利です。

コスパの良いものだと、multifunの体重計があります。

これは、3000円程度で同様の測定・アプリでの自動記録ができます。ただ、測定結果の正確性はいまいちとのこと

記録の推移を把握する程度なら十分な製品です。 

ちなみに私はこだわってしまうタイプなので、オムロンのHBF-256(上のやつ)を使っています。 

2.基礎代謝を高めよう 〜消費カロリーの6割を占める〜

 基礎代謝とは、

体温維持や呼吸など、生命維持に必要なエネルギー消費のこと。
つまり、24時間じっとしていても、この基礎代謝に相当するエネルギーを消費します。1日の総エネルギー消費のうち6~7割を占めるのが基礎代謝であるため、基礎代謝が増えると太りにくい体になります。
基礎代謝は、10代後半をピークに年々減っていきます。

出典:体重体組成計でわかること | 商品情報 | オムロン ヘルスケア

つまり、消費エネルギーの6〜7割を占める基礎代謝の向上を目的として、体重計(体組成計)で 記録を取りつつ、筋トレ等で基礎代謝を高める行動を継続することで、健康的な体を維持することに繋がります。

まずは、筋トレとしてプランクなどをやってみてはいかがでしょうか。

3.まとめ

おすすめする行動

◎毎日体重・基礎代謝を測り、記録する

◎筋トレを習慣にする