アイランドLOG

〜《3ステップ》でサラリーマンに余裕を〜

今が人口ボーナス期!フィリピンの魅力とは

f:id:kei0440:20190112121200j:plain

今回は、ASEANの一つ、フィリピンの現状についてまとめました。

以前、おなじASEANの国カンボジアの魅力についてまとまたものの、フィリピン版です。 

www.island-log.com

 

1. フィリピンはASEANの国の1つ

f:id:kei0440:20190112115332p:plain

みなさんフィリピンはどこにあるかご存知ですか?

上の地図で緑に塗りつぶしてある、東南アジアにあるASEANの国の一つです!

多くの企業が集まり、経済成長をしている注目の国です。 

2. フィリピンは3つのポイントで注目されている! 

(1) 経済成長について

まず最初にこちらをご覧ください。

2017年のアジアの経済成長率ランキングです 

f:id:kei0440:20190112115718p:plain
出典:世界経済のネタ帳

フィリピンは世界で22番、アジアで10番目の成長率を誇ります。

また、ASEANの中では5位と真ん中ぐらいです。前回ご紹介した、カンボジアには若干劣りますが、かなりいいです。

f:id:kei0440:20190112120118p:plain

出典:ASEANの経済成長率ランキング - 世界経済のネタ帳

こちらは、フィリピンの経済成長の推移です。ここ数年は安定して6%台の経済成長が続いていることがわかります。

f:id:kei0440:20190112120028p:plain
出典:世界経済のネタ帳

ちなみに、日本の経済成長率は2017年で1.735%で世界第147位です。 

(2) 人口構成について

フィリピンはは経済成長率が高いといいましたが、その原動力となるのは人口です。

こちらが、2019年のフィリピンの人口ピラミッドです。

f:id:kei0440:20190112120837p:plain

出典:populationpyramid.net

きれいな山形の人口小学校のころを思い出しますね。若い人の割合が高齢者より多い、山のような形をしていますね。

2050年でも下のような山形をしており、これからしばらくは人口的に有利な状況であることがわかります。

f:id:kei0440:20190112121702p:plain

出典:populationpyramid.net

一方、今の少子高齢化している日本はこんな感じです。

f:id:kei0440:20190112121326p:plain

出典:populationpyramid.net

若い人よりも、高齢者の割合が多い、つぼ型になっていますね。

このように、フィリピンは労働人口の割合が大きい、山形の人口ピラミッドをしており、経済成長をする人口構成となっており、人口ボーナス期を迎えています。

人口ボーナス期の詳細は、この記事に詳しく書いています。

www.island-log.com

(3) 高いコミュニケーション能力・英語能力 

フィリピン人は、高い英語能力と人懐っこいコミュニケーション能力をもっており、最大の武器です。

【高い英語能力について】

日本でも、スカイプなどでフィリピン人と英会話レッスンをするサービスがありますよね。それぐらい、聞き取りやすく、きれいな英語を多くの人が話せるのです。

理由は、学校の授業が英語で行われているからです。現地の言語(タガログ語)などもありますが、小さいころから英語で授業を受けているので、多くの人が自然と英語を話せているのです。素晴らしいですね。

英語は、世界の共通言語なので、フィリピンから世界へ出ていく人も、入ってくる人にとっても、意思疎通のしやすい国なのです。

【人懐っこいコミュニケーション能力】

基本的に、シャイな性格なのですが、明るい性格の人がほとんどです。

また、非常に気が利き、親切なので、日本人より繊細な感性を持っているなーと思うこともしばしばあります。

これら2つの大きな武器を持っており、今後ASEANの成長に伴いビジネスチャンスが増えるので、フィリピンの人が活躍する場が広がると思います。

フィリピンの強み

◎高い経済成長率

◎労働者の多い人口構成

◎高い英語能力・コミュニケーション能力 

3. フィリピンへの投資は、海外ETFがおすすめ

以前の記事でご紹介しましたが、フィリピンの個別株への投資は手数料の高さなどでハードルが高いので、アメリカに上場しているフィリピン市場全体へ投資できるETFの活用がおすすめです。詳細は、過去記事をご参照ください。

4. まとめ 

フィリピンの魅力

◎経済成長率、人口、英語・コミュ力の3つの強みがある

◎海外ETFで投資できる。

◎今後の成長が楽しみな国