アイランドLOG

〜《3ステップ》でサラリーマンに余裕を〜

今すぐ投資を始めたい人必見!投資信託・ETFで投資家デビュー!!

f:id:kei0440:20190101230548j:plain

2019年、今すぐ投資家デビューしたい人は必見!お手軽に始められる投資信託・ETFをご紹介します。

 

1. 投資信託・ETFとは何?

今まで何も投資をしていない状態から投資する会社を選び、株を購入して管理するのは大変ですよね。

個人的には、個別株もそこまでハードルは高くないので、扱えるようになって欲しいですが、まずは始めることが意識を変えるので、【投資信託・ETF】から初めてみるのもいいと思います。

では早速、投資信託・ETFについて説明していきます。

個別株を含めた比較表がこれです。

f:id:kei0440:20190102150046j:plain

ポイントだけまとめるとこんな感じ

POINT

《メリット》

 ◎プロが運用するので楽

 ◎分散投資になるのでリスクは低め

《デメリット》

 ◎手数料が高い

 ◎保有している間も費用が発生する(信託報酬)

 ◎個別株ほど大きな利益は難しい

  ⇒【結論】初心者がこれから始めるのにちょうどいい

軽く補足すると、投資信託・ETFにはそれぞれいろんなテーマがあり、運用会社が集めたお金をさまざまな銘柄に分散して購入するので、勝手に分散投資になるのです。

イメージは下の感じ

f:id:kei0440:20190102143218j:plain

ここで、ファンドは【インデックス型】と【アクティブ型】の2種類に分類されます。

ファンドの主な2分類

インデックス型・・・日経平均などの主要な指標と同じ動きを目指すファンド

          ⇒無理に利益を求めず、大きな流れに乗るイメージ

アクティブ型 ・・・日経平均などの主要な指標を超える動きを目指すファンド

          ⇒より大きな利益を得るために、攻めるイメージ

また、投資信託とETFの違いをまとめるとこう。

投資信託とETFの違い

◎投資信託はETFより手数料が高い

◎投資信託の方が少額(千円程度〜)、ETFは数万〜

◎ETFは個別株と投資信託の中間。今後個別株を扱うなら練習になる。

◎ETFはインデックス型しかないので、利益を追求するなら投資信託のアクティブ型

 ⇒投資信託が一番始めやすい。ETFは手数料低いので、アクティブ型を選ばないならおすすめ

このような違いがあるので、自分に適したものを選びましょう。

・1000円程度から始めたい ⇒ 投資信託

・アクティブ型で利益を求めたい ⇒ 投資信託

・インデックス型で着実にコストを抑えて運用したい ⇒ ETF

・個別株前に指値・成り行き取引になれたい ⇒ ETF

2. どんな種類がある??

ファンドは大まかに3タイプに分けられます。

ファンドの3タイプ

・株式型(利益追求)

・債権型(守り重視)

・バランス型(そのまま)

※それぞれに国内・海外対象があります。

この中から選ぶことになります。

例えば、

・日本経済は長期的成長すると思う ⇒ 国内株式型

・しばらく景気が冷え込むと思う ⇒ 国内or海外債権型

・何も考えず取りあえず投資したい ⇒ バランス型

という感じです。

参考にいくつか具体的なファンド名書いておきます。 

投資信託(インデックス型)

三井住友TAM-SMT 日経225インデックス・オープン (売買手数料:無料 信託報酬:0.399% 対象:日経平均)

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)(売買手数料:無料 信託報酬:0.171% 対象:TOPIX)

 

投資信託(アクティブ型)

ひふみ投信 (売買手数料:無料 信託報酬:1.058% 対象:国内株 直接・証券会社から購入可能)

さわかみ投信 (売買手数料:無料 信託報酬:1.08% 対象:国内株 直接のみ購入可能)

 

ETF

ダイワ上場投信-日経225 (信託報酬:0.127% 対象:日経平均)

iシェアーズ・コア日経225ETF (信託報酬:0.105% 対象:日経平均)

MAXIS 日経225投資信託(信託報酬:0.18% 対象:日経平均)

3. 投資信託・ETFを買うまでの流れ

まずは、買いたい商品を選びましょう。上の一覧を参考にしてもらえればと思います。

その上で、証券会社に口座を作りましょう。

(※運用会社から直接買えるものもあるので、調べてみてください)

ETFで必要となる指値注文、成行き注文の仕方も下記記事に書いています。

↓口座の解説の仕方などはこちらの記事を参考にしてください。

www.island-log.com

また、買い方としては、まとめて一発で買うのではなく、毎月少額ずつ積み立てるのがおすすめです。

例えば、

・一括で100万円分買うのではなく、毎月5万円を20ヶ月に分ける

・給料から2万円天引きして、自動で買い付けする

などです。

投資信託・ETFどちらも株価の変動により価格が変化するので、高いときに買いすぎないように、時期を分けて買うのがリスクヘッジになるのです。

買い方のPOINT

◎毎月少額ずつ積立て、高値掴みのリスクを避けよう

4. まとめ

POINT

取りあえず少額から始めたい ⇒ 投資信託

アクティブに利益を追求したい ⇒ 投資信託

手数料を抑え、手堅く運用したい ⇒ ETF